500Corporations Featured Image1

#500CORPORATIONS:世界の大企業はスタートアップ革命にいかに対応するべきか?

スタートアップと大企業の連携、いわゆるオープンイノベーションという言葉があらゆる場所で聞かれるようになりつつあります。しかし、その事例についてどれだけの情報が公開されているでしょうか?現場では実際どのようにオープンイノベーションを進めれば良いのでしょうか?

こうした疑問に一つのガイドラインを示すため、今年の2月に500 StartupsはINSEADと組み、世界の上位500社の大企業が、スタートアップとどのような連携を行っているかについて分析を行い、「#500CORPORATIONS」レポートとして公開しました。この度、500 Startups Japanでは、KPMGジャパンに日本におけるパートナーとして協力いただき、#500CORPORATIONS日本語版を作成しました。

500CORPORATIONS_JP_cover

本レポートでは、大企業がスタートアップと連携する意義、大企業とスタートアップの連携における8つの手法、それぞれの手法が適合する目的、各手法を選択する際の検討事項といったフレームワークから、どのような連携事例が存在するのか、各企業や各業界で実際にどのような取り組みが行われているかといった具体例まで、豊富な事例をもとに紹介しています。

CSE_SwissArmyKnife2

500CORPORATIONS_JP_microsoftexample

500 Startupsは、こうした大企業とスタートアップの連携における様々な事例の共有を通して、より多くの大企業、そしてスタートアップが連携し、エコシステムがさらに豊かに発展することを願っています。

 

#500CORPORATIONSレポートを無償でダウンロード(日本語版と英語版を提供しています)

Yohei Sawayama

Managing Partner, 500 Startups Japan

Search