Low Hanging Fruit Strategy 〜資金調達の際に考えるべき順番〜

Low Hanging Fruit Strategy 〜資金調達の際に考えるべき順番〜

私と澤山が500 Startups Japanのファンドの資金調達を開始した頃に、まずアプローチしたのは、有名なエンジェル投資家たちでした。しかし、こうしたエンジェル投資家の多くは、30万ドルから100万ドル程度の投資しかしません。これはファンドの目標額3,000万ドルを達成するには到底及ばない金額であり、クローズするには、おそらく30名から60名のエンジェルが必要になる計算です。とても効率の悪い資金調達プロセスであり、後からそれだけ多くの投資家をマネジメントするのにも大変苦労するでしょう。 では、なぜ私たちは、最初にエンジェル投資家にアプローチしたと思いますか? 私たちが最初に有名なエンジェ…

Read More
ピッチを良くする2つのポイント

ピッチを良くする2つのポイント

資金調達は、ストレスを伴う辛いプロセスであり、ときには屈辱的な経験でもあります。何度も断られているのに、前進を続けるために必要な忍耐力は相当なものです。でも、もしあなたが資金調達をしようとしている起業家であるのなら、より説得力のあるピッチを行うために簡単に実践できるポイントが2つあります。そして、それはいずれも第一印象に関係するものなのです。投資家に投資をしてもらえるよう説得すること自体が苦しい戦いですが、実は、登ろうとするスロープの斜度は第一印象によって決まります。スロープを90度の直角ではなく、10度ぐらいの緩やかな傾斜に近づける方法を2つご紹介します。 Keep It Simple St…

Read More
CEOの4つのタイプとすべきこと

CEOの4つのタイプとすべきこと

CoinbaseのCEOが最近投稿したブログ記事に、私はとても共感しています。CEOについて、そしてCEOが行っていることに関する記事です。 CEOと言えば、大胆でカリスマ性のあるリーダーを思い浮かべる方が多いと思います。例えば、士気を高めるために兵士たちに向かって怒号をあげる軍司令官のような人物を想像するのではないでしょうか。 でも実際は、様々なタイプのCEOがいて、特定のタイプが他より優秀だということは決してありません。ただタイプが違うだけなのです。 CEOは、以下の3つのことを必ずしなければなりません。 分かりやすいビジョンを設定すること みんなが同じ方向に進むよう、舵取りをすること 適…

Read More
揺るぎない創業チームをつくるには?

揺るぎない創業チームをつくるには?

私は、共同創業者の澤山と500 Startups Japanを立ち上げました。本質的に全く真逆であることを、ネタにしたりもします(笑) 澤山は英語が話せる日本人であり、私は日本語が話せるアメリカ人である。 私はスピード重視の実践主義であり、澤山はより細部重視の理論派である。 私は澤山にファイナンスの全てを任せており、澤山は私にマネジメントの全てを任せている。 私は交渉時に押しがきくタイプであり、澤山はより駆け引きに長けたタイプである。状況に応じて役割を使い分けられる。 私は朝型であり、澤山は夜型である。基本的に、澤山が寝る頃に私が起床する(ので、創業者やLPの皆様を24時間サポートできるのです…

Read More
500 Startupsがどのようにして世界中に「#500STRONG」なエコシステムを築いているか

500 Startupsがどのようにして世界中に「#500STRONG」なエコシステムを築いているか

私たち500 Startupsは、Y Combinatorとの違いをよく聞かれます。違いはたくさんありますが、私個人としては、とても重要な違いが一つあると思っています。 Y Combinatorは世界中のファウンダーに投資をしていますが、投資を受けるため(そして、少なくとも彼らのプログラムを受講するため)には、ファウンダーがシリコンバレーへ出向くことをその条件としています。「俳優になりたいのであればハリウッドへ、ファイナンスの仕事をしたいのであればロンドンへ、テクノロジー会社を創りたいのであればシリコンバレーへ行くべきだ」、Y Combinatorのパートナーがそのようなことを言っていたのを記…

Read More
SaaS事業の成長可能性を判断する、3つの指標

SaaS事業の成長可能性を判断する、3つの指標

500 Startups Japanでは、世界60ヶ国で1600社に投資してきた実績を活かし、日本でも様々なノウハウを起業家の皆さんに伝えていきたいと考えています。 今回はSaaS関連のアーリーステージのスタートアップ向けに、その成長可能性を判断するための3つの指標をご紹介します。また、この指標に合わせて、日々の数字を管理するためのSaaSの指標管理テンプレートもこちらから無料でご利用いただけます。是非、これら指標とテンプレートを活用してください! 日本の「紙業界」に投資したい、と冗談まじりに言うことが時々あります。もちろん、文字通りの「紙」ではありません。何が言いたいかと言うと、ペーパーワー…

Read More
財務予想は必要ありません、事実を教えてください

財務予想は必要ありません、事実を教えてください

シードステージの起業家の中には時々、詳細な事業予測をピッチしてくれる方がいます。「X年以内にX円を売り上げる!」、中には5年先まで予測したスライドまたはスプレッドシートをプレゼンしてくださる方もいます。しかし、そのほとんどが意欲の表れ過ぎず、ごく稀に保守的なものがあっても、これら全てに共通する事が一つあります。それはあくまでも予想にすぎないということです! 会社がシードステージの場合、投資家に収益予測を示す必要はほとんどありません。予測の前提となる実績が不足しているため、たとえ詳細な収益予測資料を用意していただいても、あなたが仕事に前向きであり、もしかすると想像力が豊かなことぐらいしか、私たち…

Read More
Search