500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startupsは2月7日、東京都内で「Corporate Startup Innovation Series (以下CSI) - Tokyo」を NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共に開催しました。CSIは500 Startupsが世界各国の大企業を対象に、スタートアップとの関わりを支援する取り組みの1つです。 2016年9月に日本で初めて開催された第1回のセミナーに続き、今回も企業のオープンイノベーション担当者に対し「大企業がどのようにベンチャー企業と協業していくべきか」について、シリコンバレーのトッププレイヤーの方々が講演しました。 スタートアップと…

Read More
トップダウン投資家とボトムアップ投資家の違いと、それぞれへの対応方法

トップダウン投資家とボトムアップ投資家の違いと、それぞれへの対応方法

この記事は、500 Startupsのパートナーを務める、Elizabeth Yin氏のブログを翻訳したものです。Elizabeth氏は投資家になる前に共同創業者としてアドテクのスタートアップ、LaunchBit (2014売却)を立ち上げました。資金調達という不透明なことが多いプロセスについて、Elizabeth氏はより起業家にとってオープンなものになるよう明らかにしていくことを目指しています。 これまでの約2年間に渡り、スタートアップへの投資を行ってきました。その中で私は、投資家は大きく2種類に分類できることに気づきました。私はこれをトップダウン投資家とボトムアップ投資家と呼んでいます。 …

Read More
資金調達のための14の教訓ーピッチですべきこと、してはいけないこと

資金調達のための14の教訓ーピッチですべきこと、してはいけないこと

あなたが資金調達できていないのには、次のような理由が考えられます: あなたのビジネスが、VCにあまり適していない(これはこれでまったく問題ではありません)。 ビジネスアイディアはVCにとって興味深いかもしれないが、あなたはまだ何も持っていない。 ピッチをするのを止め、大きな課題を解決する堅実なビジネスを構築することに集中し、顧客を獲得し、素晴らしいチームを作りましょう。 適切な投資家と話をしていないか、アーリーステージの企業をサポートする成熟したエコシステムがない都市に住んでいるのかもしれない。 あなたのピッチが退屈で、ステージ上やエレベーターピッチ中にあなたのストーリーを伝えられていない。 …

Read More
スタートアップの従業員が妊娠した際にすべき8つのこと

スタートアップの従業員が妊娠した際にすべき8つのこと

世界60カ国以上で投資を行う500 Startupsでは、多様性を追求し、起業家の人種や性別に関わらず活発に出資しています。また、500 Startups社内においても、少数派といわれる女性や非白人を採用し、チームの50%が女性という珍しい構成のチームになっています。こういった動きは少しずつ業界全体で起こりつつありますが、一方でまだまだ理解が得られず不要な苦労を強いられている起業家やスタートアップ従業員、投資家がいるのも事実です。 今回は500 Startupsの共同創業者であるChristine Tsaiが、自身の2度の出産の経験を通して感じた、「スタートアップに求められる、妊娠中の従業員へ…

Read More
アクセラレーターBatch 20の応募を受付中ー日本のスタートアップの挑戦も歓迎

アクセラレーターBatch 20の応募を受付中ー日本のスタートアップの挑戦も歓迎

世界60カ国以上でベンチャー投資を行う500 Startupsでは、スタートアップの成長を支援する、アクセラレーターのBatch 20(20期生)を募集しています。応募の締め切りは11月23日水曜日(日本時間2016年11月24日木曜日)に迫っています。 500 Startupsのアクセラレーターとは、4ヶ月間に渡って開催される、起業家支援のプログラム。毎回シリコンバレーかサンフランシスコで開催されており、Batch 20ではサンフランシスコでの開催になります。今回もFinTechとDigital Healthという2つの特定の領域に対し、追加のサポートを提供する「サブトラック」が行われます。…

Read More
スタートアップがカルチャーを築き、良い人材を採用するための4つの方法

スタートアップがカルチャーを築き、良い人材を採用するための4つの方法

500 Startups JapanはグローバルVCとして、その学びを日本のスタートアップエコシステムに関わる皆様に提供しています。今回は500 StartupsのEIR (Entrepreneur in Residence)の、Louise Fritjofsson氏による、企業のカルチャーを築く方法とその必要性をご紹介します。 私は会社の成長に全てを捧げる、才能溢れた起業家と話す機会がたくさんあります。彼らは素晴らしいアイディアを落とし込んで、より良い会社を作るために素晴らしいスピード感で問題を解決し、ビジネスを磨いています。 しかし残念なことに、そういった起業家の多くには共通の盲点がありま…

Read More
SmartHR 宮田氏に聞く、B2Bにおける初期ユーザー獲得の極意

SmartHR 宮田氏に聞く、B2Bにおける初期ユーザー獲得の極意

500 Startups JapanはグローバルVCとして、その学びを日本のスタートアップエコシステムに関わる皆様に提供しています。その取り組みの1つとして、500 Startupsのデモデイを解説するDEMO DAY THE MOVIEや、起業志望者同士のマッチングをするFounders’ Friday、そして経験豊富なメンター陣による投資先企業向けの勉強会#500STRONG Nightなど、様々なイベントを開催しています。 第3回目となる #500STRONG Night では、HubSpot Japan株式会社の古見氏をお招きし、インバウンドマーケティングについて、また、SmartHR…

Read More
シリコン・バレーに学ぶ、スタートアップがM&Aを成功させるために必要なこと(後編)

シリコン・バレーに学ぶ、スタートアップがM&Aを成功させるために必要なこと(後編)

今回は500 Startupsのパートナーで、M&Aチームを率いるEmily Chiu氏にインタビューを行いました。前回に引き続き、今回はM&Aの交渉で重要なことをご紹介します。 高い価値を見出してくれる売却先を見つけ、戦略を立てる 企業がスタートアップを買収する目的は、次の3つに分類できます。 チームの獲得:特にエンジニアや特定分野の専門家 技術の獲得:ユニークな技術など 変化の獲得:一定のユーザー層を持っている場合など 買収の価格は、これらの目的によって変動します。ですから交渉の際には、買い手候補の企業が何を期待しているかを明確にすると良いでしょう。 例えば、人材獲得目的の…

Read More
イベントを通じてエコシステムを構築する、500 Startupsのイベントプロフェッショナル

イベントを通じてエコシステムを構築する、500 Startupsのイベントプロフェッショナル

今回は500 Startupsでイベント運営を担当する、Kathryn Tompkinsさんにインタビューを行いました。Demo Dayを始め、Geeks On A Plane、Venture Capital Unlocked、PreMoneyなど数多くのイベントを開催している500 Startupsが、イベントを通して何を目指しているのか。また、イベント運営のマネージャーとしてどのように仕事されているのかといったことについてご紹介します。 大企業から500 Startupsへ、独特の文化に驚く もともと500 Startupsへジョインする前は、テレビ製作会社で、イベントの運営やコーディネー…

Read More
Search