SaaSビジネスで、トライアルキャンペーンを成功させるための6つの手法《後編》

SaaSビジネスで、トライアルキャンペーンを成功させるための6つの手法《後編》

このポストは、マーケティング支援SaaSのAutopilotでCMOを務めるGuy Marion氏が、Nail Your SaaS Trial ebookで書いた記事を一部直して投稿したものです。Nail Your SaaS Trial ebookは、Autopilotが発行している、無料トライアルから課金に繋げるための方法を記した無料の電子書籍です。前編はこちらからご覧いただけます! (ステップ1~3は、前編でご紹介しています。) ステップ(4) SaaSのトライアルで、ユーザーが課金するまでの一貫した流れを作る あなたのメッセージのターゲティングやタイミングを最適化しパーソナライズするため…

Read More
SaaSビジネスで、トライアルキャンペーンを成功させるための6つの手法《前編》

SaaSビジネスで、トライアルキャンペーンを成功させるための6つの手法《前編》

このポストは、マーケティング支援SaaSのAutopilotでCMOを務めるGuy Marion氏が、Nail Your SaaS Trial ebookで書いた記事を一部直して投稿したものです。Nail Your SaaS Trial ebookは、Autopilotが発行している、無料トライアルから課金に繋げるための方法を記した無料の電子書籍です。 投資家やアドバイザー、コミュニティから、どのようにしてプロダクトがうまくいくのか尋ねられた際、きっとあなたはトライアルからの非常に優れた本登録率や、口コミが次々と広がっていく様子や、ユーザーが本登録するときの熱狂的なつぶやきなどで彼らの気を引き…

Read More
起業家が語る、初めて従業員を解雇した経験とそこから得た学び

起業家が語る、初めて従業員を解雇した経験とそこから得た学び

500 Startupsの創業者でマネージングパートナーのChristine Tsai(クリスティン・ツァイ)は、創業者として初めて誰かを解雇しなければならなかった時に、複雑な感情を経験したといいます。 「解雇は正しいことであり、自分がそれを躊躇していたとは思いません。その人はスキルとカルチャーという面であまりにも合わなかったのです」とChristineは語りました。 彼女は誰かを解雇する前に疑念を持ち、感情的に考えるのは当然だと語ります。 「たとえ人材採用市場が今のようにとても良かったとしても、その人の個人的な状況や、解雇がどのようにその人に個人的に影響を与えるかは決してわかりません」 「こ…

Read More
500 Startupsのプログラムの内容を一挙公開!4ヶ月間のスケジュールとは?

500 Startupsのプログラムの内容を一挙公開!4ヶ月間のスケジュールとは?

500 Startupsでは、世界中のアーリーステージのスタートアップを対象に、『500 Seed Program (旧: 500 Accelerator)』というアクセラレーションプログラムをサンフランシスコ、マウンテンビュー、およびメキシコシティで開催しています。現在募集している21期生までに、Intercom、TalkDesk、LE TOTEといった企業を含む600社以上がこのプログラムを卒業しています。 私たち500 Startupsではアクセラレーターは、待っていれば料理が出てくるレストランではなく、自ら作り出す必要があるキッチンとして捉えています。起業家の皆さんには、私たちのキッチ…

Read More
500 Startups、全国3箇所でアクセラレーター体験プログラム  「500 Boot Camp」を開催

500 Startups、全国3箇所でアクセラレーター体験プログラム 「500 Boot Camp」を開催

世界60カ国1800社以上に投資する、500 Startupsは世界で最もアクティブなシードベンチャーキャピタルとして、その学びを様々な活動を通して提供しています。昨年、国内外の優秀なスタートアップの支援活動を行う神戸市をパートナーに迎え、日本初のアクセラレーションプログラムを神戸で開催しました。グローバルチームによるマンツーマン指導を含めた6週間にわたる実践的なこのプログラムは、参加者から高い満足度を得られ、資金調達に繋がった企業も出てきています。このプログラムを全国の優秀なスタートアップに体感してもらうため、1日限定イベント 「500 Boot Camp」(ブートキャンプ)を、東京、大阪、…

Read More
500 Startupsのアクセラレーターで学んだこと

500 Startupsのアクセラレーターで学んだこと

今回は500 Startups アクセラレータープログラムに選ばれ、Batch 19に参加した、Crema.coの創業者でCEOのTyler Tate氏が、プログラムを通して得た学びについてまとめたブログを、同氏の許可を得て翻訳させていただきました。成長を求める日本のスタートアップの皆さんにご覧いただき、是非参考にしていただきたいと思います。 4ヶ月間に渡り、私たちCrema.coはカリフォルニア州マウンテンビューで行われている、500 Startupsのアクセラレーター(訳注:現在は正式には「500 Seed Program」)に参加しました。今回はプログラムがどのように私たちの助けとなった…

Read More
500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startupsは2月7日、東京都内で「Corporate Startup Innovation Series (以下CSI) - Tokyo」を NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共に開催しました。CSIは500 Startupsが世界各国の大企業を対象に、スタートアップとの関わりを支援する取り組みの1つです。 2016年9月に日本で初めて開催された第1回のセミナーに続き、今回も企業のオープンイノベーション担当者に対し「大企業がどのようにベンチャー企業と協業していくべきか」について、シリコンバレーのトッププレイヤーの方々が講演しました。 スタートアップと…

Read More
トップダウン投資家とボトムアップ投資家の違いと、それぞれへの対応方法

トップダウン投資家とボトムアップ投資家の違いと、それぞれへの対応方法

この記事は、500 Startupsのパートナーを務める、Elizabeth Yin氏のブログを翻訳したものです。Elizabeth氏は投資家になる前に共同創業者としてアドテクのスタートアップ、LaunchBit (2014売却)を立ち上げました。資金調達という不透明なことが多いプロセスについて、Elizabeth氏はより起業家にとってオープンなものになるよう明らかにしていくことを目指しています。 これまでの約2年間に渡り、スタートアップへの投資を行ってきました。その中で私は、投資家は大きく2種類に分類できることに気づきました。私はこれをトップダウン投資家とボトムアップ投資家と呼んでいます。 …

Read More
資金調達のための14の教訓ーピッチですべきこと、してはいけないこと

資金調達のための14の教訓ーピッチですべきこと、してはいけないこと

あなたが資金調達できていないのには、次のような理由が考えられます: あなたのビジネスが、VCにあまり適していない(これはこれでまったく問題ではありません)。 ビジネスアイディアはVCにとって興味深いかもしれないが、あなたはまだ何も持っていない。 ピッチをするのを止め、大きな課題を解決する堅実なビジネスを構築することに集中し、顧客を獲得し、素晴らしいチームを作りましょう。 適切な投資家と話をしていないか、アーリーステージの企業をサポートする成熟したエコシステムがない都市に住んでいるのかもしれない。 あなたのピッチが退屈で、ステージ上やエレベーターピッチ中にあなたのストーリーを伝えられていない。 …

Read More
スタートアップの従業員が妊娠した際にすべき8つのこと

スタートアップの従業員が妊娠した際にすべき8つのこと

世界60カ国以上で投資を行う500 Startupsでは、多様性を追求し、起業家の人種や性別に関わらず活発に出資しています。また、500 Startups社内においても、少数派といわれる女性や非白人を採用し、チームの50%が女性という珍しい構成のチームになっています。こういった動きは少しずつ業界全体で起こりつつありますが、一方でまだまだ理解が得られず不要な苦労を強いられている起業家やスタートアップ従業員、投資家がいるのも事実です。 今回は500 Startupsの共同創業者であるChristine Tsaiが、自身の2度の出産の経験を通して感じた、「スタートアップに求められる、妊娠中の従業員へ…

Read More
Search