スタートアップに必要な、メールマーケティングの基本

スタートアップに必要な、メールマーケティングの基本

スタートアップを経営している人なら、マーケティングの重要性に気づいているでしょう。その中でもメールマーケティングはグロースに欠かせないものです。 今回はスタートアップ、VC、新規事業チームが知っておくべき、メールマーケティングの鉄則をご紹介します。   1つのメールで、1つのCTAをしっかりと示す 繰り返しお話していることですが、メールマーケティングの重要な法則の1つに、「1つのメールに1つのCTA*1」ということがあります。(*1 「Call To Action」の略。ボタンやリンクなどで、ビジターを会員登録や購入といった求めている行動へ誘導すること。) 具体的に言うと以下のような…

Read More
FDA取得のWHILL杉江氏に伺う、勝負すべき場所で勝負するということ

FDA取得のWHILL杉江氏に伺う、勝負すべき場所で勝負するということ

500 Startupsのアクセラレーターのバッチ6に選ばれたWHILLは、2012年に次世代の電動車椅子として、日産の開発本部で車の開発をしていた杉江理氏らによって立ち上げられました。同社は国内外から資金調達を行った後に、R&D拠点を日本、生産拠点を台湾に、販売拠点をシリコンバレーへと拡大しました。 WHILL ModelM 2016年3月22日(GMT-7)には、同社は米国市場向けに2016年初夏より発売を予定している『WHILL Model M』が米国食品医薬品局(Food and Drug Administration、以下FDA)の認可を取得したことを発表しました。米国では車…

Read More
Founders Friday:起業の道を模索するあなたへ、超創業初期のためのミートアップ

Founders Friday:起業の道を模索するあなたへ、超創業初期のためのミートアップ

私たち500 Startups Japanは、ベンチャーキャピタリストとして毎日のように、起業を考えている方たちにお会いします。理想を言えば、既に良いチームができておりプロダクトやサービスが完成しており、さらに初期のトラクションがあれば最高です。このような会社は明らかに「投資対象」であり、私たちに残されたことは投資するお金を送金するのみでしょう。 しかし、まだ自分の道を模索している方たちも私たちの元に訪れます。中には次のような悩みをお持ちの方たちがいます: A:「私は会社を始めたいが、私には技術側の共同創業者がいません。」 B:「私は会社を始めたいが、私にはマーケティング側の共同創業者がいませ…

Read More
J-KISS発表:シードステージの資金調達のための投資契約書を無償公開

J-KISS発表:シードステージの資金調達のための投資契約書を無償公開

2014年7月、500 Startupsはシリコンバレーで一般的になりつつある資金調達手法であるコンバーティブル・セキュリティ(コンバーティブル・ノートとコンバーティブル・エクイティ)の標準ドキュメント「KISS(“Keep It Simple Security”)」を発表しました。500が経験してきた複数のシリコンバレーの法律事務所との様々なディールや、多くのシードステージ投資家のノウハウをベースに業界標準となる投資契約書を作成し、一般に公開することで起業家と投資家双方の時間と費用を節約することを目的としています。 コンバーティブル・セキュリティは、優先株と比較して交渉すべき点が少ない(ガバ…

Read More
SCHAFTをGoogleへ売却した加藤氏に聞く、海外企業へのM&Aとは

SCHAFTをGoogleへ売却した加藤氏に聞く、海外企業へのM&Aとは

500 Startups Japanでは、グローバルVCとしての実績やつながりを生かし、ポートフォリオ企業の海外進出を支援しています。海外へ事業を展開する際だけではなく、日本のスタートアップの海外トップVC・企業からの資金調達や、海外企業への売却も積極的に支援していきます。 今回は500 Startups Japanのメンターで、Googleへの会社売却経験を持つ、加藤崇氏にお話を聞きました。加藤氏は世界最高の安定歩行・制御技術を誇る、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTの共同創業者兼取締役CFO就任後、2013年11月にGoogleへの同社の売却を実施。ビジネス経験豊富な加藤氏の参画により、…

Read More
シリコンバレーのベンチャーキャピタルの、5つの秘密と成功の秘訣

シリコンバレーのベンチャーキャピタルの、5つの秘密と成功の秘訣

スタンフォード大学で開催された、投資家育成プログラムのVC Unlocked。このプログラムはスタンフォード大学のプロフェッショナルデベロップメントセンターと500 Startupsの提携で開かれた、二週間の集中講座だ。今年2月8日から19日まで開催され、世界中から素晴らしい投資家たちが集まった。 プログラムでの一番の学びは、一流の投資家になる道のりはたくさんあるということだ。そしてどれが一番正しいということもない。 最終日に「VCの秘密を知ることができましたか?」と聞かれた参加者たちは、完璧に知ることができたと答えた。参加者はVCとして成功するための方程式は存在しないことを理解していたが、プ…

Read More
オフィスアワー参加登録開始のお知らせ

オフィスアワー参加登録開始のお知らせ

起業家からの質問に対して100%正しい回答はありません。どのスタートアップも独特であり、それぞれに違った課題に直面しています。中には明確に正しい答えが見出せる課題もありますが、ほとんどが中間地点、いわゆるグレーゾーンに属しています。 しかし、50か国で1,500社以上に投資をしてきた実績から、私たち500 Startupsは、これらの課題にある程度の共通点があると考えています。それは例えば他の国において類似したビジネスモデルを行っている投資先が過去に乗り越えた課題であったり、以前に聞いた事のある起業家のジレンマであったり、他の起業家の経験談は非常に参考になるはずです。 そしてそれはまさに、50…

Read More
米スタートアップの成功事例に学ぶ、資金調達とグロースに必要なこと

米スタートアップの成功事例に学ぶ、資金調達とグロースに必要なこと

学習を支援する、学生と家庭教師のオンラインマーケットプレイス、Studypool。500 Startupsのアクセラレーターのバッチ11期生であり、マーケティングのグロース強化チーム500 Distroとともに成長を加速させている。売上は前月比で25%増加。しかもその9割が広告などの獲得費用をかけていない、オーガニック流入からだというから驚きだ。 彼らは500 Distroの支援を受けていた3ヶ月の間に、サイトのトラフィックを46%、コンバージョン率も18%成長させている。 そこで今回はStudyPool共同創業者のRichard Werbe氏に、資金調達・成長・スタートアップの創業者が知って…

Read More
Batch 15 Demo Day全登壇企業48社ざっくり紹介

Batch 15 Demo Day全登壇企業48社ざっくり紹介

2016年2月17日に行われた500 Startupsのbatch 15 Demo Dayでは、Accelerator参加企業37社に加え、Post-Seedのスタートアップも11社登壇した。 参加企業の多くは「レイターシード」ステージであり、プロダクトマーケットフィットができていて、月商がおよそ100万円〜1000万円($10k〜$100k)の企業が中心だ。500 Startupsのアクセラレーターでは、本来の意味のアクセラレーター(=加速器)として、スタートアップをグロースさせることに注力している。 参加企業の多様性は、500 Startupsとして非常に重視していることもあり、今回も多様…

Read More
Capturing Startup Value 〜イノベーションをどう戦略的に取り込むか〜

Capturing Startup Value 〜イノベーションをどう戦略的に取り込むか〜

「オープンイノベーション」を合言葉に、多くの大企業がスタートアップとの連携を深めている。 なぜ、大企業がスタートアップと関わらなければならないかについては、近年ではだいぶ理解が進んできたように思える。あらゆる領域をソフトウェアが食べ尽くしディスラプトが進んでいるが、大企業はディスラプトされるのを待つだけの"恐竜"ではない。積極的にスタートアップと関わり、イノベーションを取り込むことで、変化し続ける環境に適応することを目指している。 しかし、どうやってスタートアップと関わり、連携していけばいいのかという"手段"については、まだ誰もが試行錯誤している段階だ。 スタートアップと関わる手段は多岐にわた…

Read More
Search