Lendy 500 2

株式会社クレジットエンジンへ出資しました

500 Startups Japanによる株式会社クレジットエンジンへの出資と、同社が中小企業へのオンライン融資を行うプラットフォーム「LENDY(レンディ)」をローンチしたことをお知らせします!アメリカでオルタナティブレンディングのスタートアップが大きな成功を収めていることをご存知であれば、LENDYのコンセプトにはすぐにピンと来るかもしれません。

あなたが将来成功すること間違いないレストランのオーナーだと仮定しましょう。一年ぐらい前に開店したばかりですが、開店早々からアーリーアダプターを増やしてきたおかげでレストラン評価サイトの点数はすでに3.5を超えています。業績は好調ですが、儲けのほとんどをレストランに再投資しています。そもそも、開店早々からアーリーアダプターを獲得するために積極的に宣伝する必要があったり、秀逸な料理に見合う洗練された雰囲気作りのために店内を改装したりするコストが、想像を遥かに超える額だったので、レストランは満席なのに経営はカツカツです。

そしてある日突然、病気にかかり、医者からは少なくとも1ヶ月は休養することを指示されてしまいました。

さて、厄介なことになりました。賃料を払うために営業を続けなければならないのに、しばらくの間は仕事に戻ることができません…!

このようにキャッシュフローで短期的に困ることはよくあります。レストランに限ったことではありませんし、こうした病気による休養ほどドラマチックであるとも限りません。一等地の物件に空きが出たことを知り、他店舗に先を越される前にすぐさま押さえておきたいと思っている小さな店舗かもしれませんし、注文が殺到したにも関わらず手元にキャッシュがないので商品を調達できないeコマースサイトのオーナーかもしれません。いずれの場合も、選択肢がほとんどない上に、どれをとっても苦しいものばかりです。 

銀行融資を受けるには2−3ヶ月かかるでしょうし、そのためには事業計画も作成する必要があります。そして、膨大なペーパーワークを行ったにも関わらず、長い審査の後で、融資が受けられないと判明することもあるでしょう。

そういうときに助けになるのが、100%オンラインでシームレスに融資が受けられるLENDYです。関連情報を入力すれば、過去のトランザクションやレストラン評価サイトでの評価といった様々なデータを使って、LENDYが、アルゴリズムに基づき審査し、あなたに合った利率で融資してくれます。

私たち 500 Startupsは、アメリカである優れたオルタナティブレンディングのスタートアップに出資する機会を見送ってしまった苦い過去があります。世界で最もアクティブに投資をしているFintech投資家である私たちでも、こうした大きなチャンスを逃してしまうことが時折あるのです。しかし、同じミスは二度と繰り返さないつもりです!

融資業界に革命を起こそうとしているクレジットエンジンの内山さんとそのチームを支援できることにワクワクしています。共にがんばりましょう、クレジットエンジン! 

James Riney

Managing Partner & Head, 500 Startups Japan

Search