500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startupsは2月7日、東京都内で「Corporate Startup Innovation Series (以下CSI) - Tokyo」を NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共に開催しました。CSIは500 Startupsが世界各国の大企業を対象に、スタートアップとの関わりを支援する取り組みの1つです。 2016年9月に日本で初めて開催された第1回のセミナーに続き、今回も企業のオープンイノベーション担当者に対し「大企業がどのようにベンチャー企業と協業していくべきか」について、シリコンバレーのトッププレイヤーの方々が講演しました。 スタートアップと…

Read More
シリコン・バレーに学ぶ、スタートアップがM&Aを成功させるために必要なこと(後編)

シリコン・バレーに学ぶ、スタートアップがM&Aを成功させるために必要なこと(後編)

今回は500 Startupsのパートナーで、M&Aチームを率いるEmily Chiu氏にインタビューを行いました。前回に引き続き、今回はM&Aの交渉で重要なことをご紹介します。 高い価値を見出してくれる売却先を見つけ、戦略を立てる 企業がスタートアップを買収する目的は、次の3つに分類できます。 チームの獲得:特にエンジニアや特定分野の専門家 技術の獲得:ユニークな技術など 変化の獲得:一定のユーザー層を持っている場合など 買収の価格は、これらの目的によって変動します。ですから交渉の際には、買い手候補の企業が何を期待しているかを明確にすると良いでしょう。 例えば、人材獲得目的の…

Read More
シリコン・バレーに学ぶ、スタートアップがM&Aを成功させるために必要なこと(前編)

シリコン・バレーに学ぶ、スタートアップがM&Aを成功させるために必要なこと(前編)

今回は500 Startupsのパートナーで、M&Aチームを率いるEmily Chiu氏にインタビューを行いました。スタートアップがM&A EXITする上で押さえておくべきことや、Emily氏はどのようにM&Aを活性化させているのかといったことについてお話を伺いました。 起業家と投資家両方の立場でM&Aを経験したからこそできる、EXIT支援 大学を卒業後Goldman Sachsに就職し、テクノロジーやヘルスケアの領域を専門とするインベストメントバンカーとしてM&A支援の経験を積みました。その後、スタートアップを2社立ち上げ、M&AによってEXITしました。ベンチャーキャピタルでのM&A支援は…

Read More
500 Japanが掲げる、2つの目標(パート1)

500 Japanが掲げる、2つの目標(パート1)

私たちが500 Startups Japanとして実現したい事は2つあります。一つは、大きなクロスボーダーM&Aに携わる事。そして、もう一つは日本から真のグローバル企業を生み出すことに貢献する事。この二つの目標に優先順位はありません。双方の実現を目指しています。 私たちはこれまでも、500 Startups JapanがどのようにクロスボーダーM&Aの増加に貢献していけるかという情報発信を行ってきました。この背景のご紹介や、私たちの熱弁をまだお聞きになられていない方たちのために、今回改めて説明しようと思います。 日本のベンチャーエコシステムが世界の基準において比較的小さいことは周知の事実です。…

Read More
Founders Fundと500のパートナーが語る、日本のスタートアップの可能性

Founders Fundと500のパートナーが語る、日本のスタートアップの可能性

フィンランドのテックイベント、Slushのアジアイベント「Slush Asia」が今年も日本で開催されました。昨年、Slushはアジアで初めて東京お台場で開催され、テック系のイベントとしてはかなり大規模になる、約3,000名もの入場者を国内外から集め、その影響力を示しました。 2回目となる今年は、千葉の幕張メッセにて、5月13日〜14日の2日間にわたり開催されました。2日目の14日には、中央ステージにて500 Startups Japanの代表兼マネージングパートナーであるJames Riney(ジェームズ・ライニー)と、Founders FundのパートナーであるGeoff Lewis(ジェ…

Read More
SCHAFTをGoogleへ売却した加藤氏に聞く、海外企業へのM&Aとは

SCHAFTをGoogleへ売却した加藤氏に聞く、海外企業へのM&Aとは

500 Startups Japanでは、グローバルVCとしての実績やつながりを生かし、ポートフォリオ企業の海外進出を支援しています。海外へ事業を展開する際だけではなく、日本のスタートアップの海外トップVC・企業からの資金調達や、海外企業への売却も積極的に支援していきます。 今回は500 Startups Japanのメンターで、Googleへの会社売却経験を持つ、加藤崇氏にお話を聞きました。加藤氏は世界最高の安定歩行・制御技術を誇る、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTの共同創業者兼取締役CFO就任後、2013年11月にGoogleへの同社の売却を実施。ビジネス経験豊富な加藤氏の参画により、…

Read More
Search