株主ミーティングの運営が上手な会社

株主ミーティングの運営が上手な会社

私たち500 Startups Japanは過去2年半の間に、日本で40社以上に投資してきました。そのため、言うまでもなく、多くの株主ミーティングに出席してきました。そして、様々な様式、スタイルやダイナミクスの株主ミーティングを俯瞰的に見る機会に恵まれました。絶対的に正しい運営方法はないと思っていますが、ポートフォリオ企業の中には、株主ミーティングの運営が特に上手な会社が数社あります。 Zehitomoの株主ミーティングは、際立っていると私は思っています。株主ミーティングたるもの、通常出席するのは経営陣のみです。しかし、Zehitomoの場合、出席者の範囲は、各チームのリーダーだけでなく、従業…

Read More
GovtechスタートアップのGrafferへの投資を発表します

GovtechスタートアップのGrafferへの投資を発表します

この度Grafferの1.8億円のプレシリーズAラウンドにリードで投資しました!既存投資家のIncubate Fundもこのラウンドに参加しています。 私は昨年11月に、Govtechに注目している旨の記事をブログにアップしました。行政が困惑するほど非効率で、システム・インテグレーターに何千億円も支払ってシステムを構築しているのに、ほとんどのソフトウェアは操作性が悪く時代遅れである、と書きました。どれだけ使い勝手が悪いかというと、中には利用時間が8:30から21:00に制限されている行政のウェブサイトもあります。規定の就業時間中にしか注文を受け付けないアマゾンなんて想像できますか?24時間年中…

Read More
ポケットコンシェルジュがアメリカン・エキスプレスに買収されました

ポケットコンシェルジュがアメリカン・エキスプレスに買収されました

投資先のポケットコンシェルジュがアメリカン・エキスプレスに買収されました。戸門さん、小山さん、ビジョンを一緒に実現できる素晴らしいパートナーを見つける事ができ、おめでとうございます。 ポケットコンシェルジュは500 Startups Japanを立ち上げて最初に投資した会社でしたので、特別な想いがあります。創業者の戸門さん、CFOの小山さんとはファンドを立ち上げている時に会い、高級レストランをシームレスに予約できる体験を提供しようとする彼等のビジョンに共感しました。当時、日本の高級レストランはOpen Tableや他予約サービスにはまだほとんど掲載されていませんでした。レストラン側はまた、外国…

Read More
2019年、新年の抱負

2019年、新年の抱負

明けましておめでとうございます!新年の抱負を立てる季節がやってまいりました。 2016年には、次のことにコミットしました。 朝活をきっちり続けること(5時半にジムへ出発し、そのあと朝食を作り、7時ぴったりに業務を開始すること) 炭水化物の摂取量を減らし、肉と野菜中心の食生活をすること ビールの代わりに「ハイボール」を飲むこと 抱負は概ね達成できましたが、若干の軌道修正はしています。毎朝ジムへ通い、7時ぴったりに業務を開始することは、今も変わっていません。2と3については、減量がその目的でした。減量そのものは達成できたものの、若干うまく行き過ぎたようです。ある頃から、(良くない意味で)「体重減っ…

Read More
ユニコーン企業の秘密

ユニコーン企業の秘密

サンフランシスコのVCであるData CollectiveのAli Tamaseb氏が、時価総額が10億ドルを超えるスタートアップ(=ユニコーン企業)の調査結果をまとめた、興味深い記事をアップしています。同氏は、2005年より後に設立されたユニコーン企業195社を対象に、創業時の構成や共通点を調べることにしました。 プログ記事の原文(英語)はこちらにあります。特に興味深いと思った箇所を以下にご紹介します。 1) 創業者の数で最も多かったのは2人または3人 ユニコーン企業の創業者の数は、2人から3人での共同創業が最も多いものの、20%は1人で起業しています。 タイトル:共同創業者の人数 縦軸:企…

Read More
小児科クリニック運営のCAPSに投資しました

小児科クリニック運営のCAPSに投資しました

私たち500 Startups Japanがこれまでに投資してきたテーマの一つに、最新のテクノロジーを導入できずにスピード感を失ってしまった、規模が大きく旧態依然とした業界に挑むスタートアップへの投資があります。例えば、保険、物流、不動産などの業界です。 その過程で私たちが気づいたのは、こうした業界にアプローチする方法が基本的に2つあることです。1つは、ツールを構築し、既存企業にそのツールを提供するやり方です。このアプローチは成功するかもしれませんが、それには試練が伴います。多くの場合、既存企業は、これまでのやり方で何とかなっているので、居心地の良い現状を変えたくないと思ってしまいがちです。病…

Read More
日本のGovtechスタートアップを探しています

日本のGovtechスタートアップを探しています

先日、Govtech Fundのファウンディング・パートナーであるRon Bouganim氏のポッドキャストを聞いてみました。元々Govtechには興味があったものの、日本ではまだ行政向けのサービスに取り組む強いチームに出会ったことがなく、残念ながら未投資の分野だったので、そのポッドキャストはとても興味深いものでした。それもそのはず、行政を顧客にするには超人的な努力が必要だからです。行政たるもの、遅くて非効率で官僚的なのが当たり前です。そのため、販売サイクルは長く、費用も高く、不透明です。B2G(business-to-government:企業対行政間取引)のスタートアップを始めようとする人…

Read More
採用時に○○ブロックを防ぐ方法

採用時に○○ブロックを防ぐ方法

先日、500 Startups JapanのFacebookグループ(投資先ファウンダーやメンターが参加するグループ)で面白いやりとりがありました。きっかけは、とある起業家の相談でした。最近採用のオファーをしたのに、その方の奥さんが入社に反対していたのです。なので、その奥さんを説得する方法についてアドバイスを求めてきました。これは日本ではよくある「嫁ブロック」というやつです。さらに「旦那ブロック」や「親ブロック」というものもあります。自分のスタートアップで一緒に働いてくれるように誰かを説得するためには、採用する本人を説得するだけではなく、その方にとって大切な方々をも説得する必要があります。この…

Read More
ベンチャーキャピタルというビジネス

ベンチャーキャピタルというビジネス

私にとって、ベンチャーキャピタリストになることは、必ずしも当初からの人生の目標ではありませんでした。他の多くのVCもそうであるように、気付いたらこの職業についていたのです。自分で興した会社を去ってすっかり疲れ切っていた頃、少しだけ落ち着いて、そして今までとは別の経験を積むという意味でいい所だなと思って、DeNAの投資部門で働くことにしました。起業家側から投資家側に転身すれば、多くの業界について学ぶ機会が得られるし、運が良ければ新規事業のアイディアも浮かぶかな、と思っていました。また、自分の会社だけでなく、多くの会社の状況を俯瞰できる、とも思いました。さらに、次の起業の土台づくりに利用できる強い…

Read More
500の追加投資の決定は他者に左右されません

500の追加投資の決定は他者に左右されません

前ラウンドのリードインベスターが、次ラウンドのリードインベスターが誰であるかによって追加投資を決める、という話を起業家の方々から時々聞きます。おそらく、追加投資をコミットする前に「スマートマネー」の存在を確認したいのでしょう。投資家が様子見をしたくなる気持ちは分からなくもありません。 なぜなら、(信頼できる)別の方に企業を精査してもらい、その上で投資に値すると判断してもらえると、自分の中で確信を深めることができるからです。実は、追加投資をコミットする前にリードインベスターが誰になるのかを見届けたい、と私たちも言ったことがたしか1回はありました。しかし、いくつかの理由から、今はもう「様子見」の姿…

Read More
Search