物流業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

物流業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

20世紀になりMalcolm McLeanが、「従来のトレーラーによる運送から荷台とシャーシーを分離し荷台だけを輸送する」という画期的なパラダイムシフトを物流(=ロジスティクス)産業で起こしました。それから100年経った現在では、AmazonやUPSがドローンを用いた宅配システムの導入を検討しています。 テクノロジーにより物流は劇的に変化しました。既にこの市場には世界で750社以上のスタートアップが挑戦し、2013年からの5年間で1兆円以上の投資が集まっています。投資件数も2010年からの7年間で46%増加しており、最近ではレイターステージへの大きな投資が行われています。その結果200社以上の…

Read More
都内のベンチャーキャピタル・CVCの所在地マップ

都内のベンチャーキャピタル・CVCの所在地マップ

創業間もない時期の起業家の仕事は、プロダクト開発・オペレーション・採用・マネジメントなど多岐に渡ります。しかし、資金調達中は調達活動に時間をとられ、なかなか事業そのものにコミットできなくなります。まだCFOがいないようなシード期の創業者は資金調達のために多くのVCとのアポイントを取り、オフィスに出向く必要があります。First Round Capital の State of Startups の調査結果によると、資金調達に4ヶ月以上を要するスタートアップは全体の約30%となっています。資金調達に割く時間を短くすることによって、起業家にとってはよりプロダクト開発などに時間を割けるでしょう。逆に…

Read More
インシュアテック業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

インシュアテック業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

現在米国で300年の歴史を持つ保険業界に破壊的なイノベーションを起こしているのは、紛れもなく創業から300日未満の歴史のないスタートアップです。GCAの調査によればUSだけでも約242兆円(生命保険:約89兆円、健康保険:約85兆円、物損人身損害保険:$約68兆円)のマーケットがあり、94%の保険会社はこれからの保険業界にはプラットフォーム化やデジタルパートナーなどの新しい改革が必要不可欠であると感じています。インシュアテックと言っても幅広く、保険の流通や顧客のエンゲージメント、新しい保険商品の開発・価格の比較、バックオフィス、データ分析などがバリューチェーンとしては存在し多種多様なスタートア…

Read More
レストランテック業界のトレンドと今後の可能性

レストランテック業界のトレンドと今後の可能性

マクドナルドでは近年、従来スタッフがオーダーを取り会計までしていたプロセスを機械化することによって、私たちは巨大なスクリーンから商品を選び会計までそのスクリーン上でできるといった体験をできるようになりました。調査によると、実に95%の飲食店のオーナーがテクノロジーが飲食店業界に入ってくるメリットを感じており、全体の78%が過去数年の間に、もしくは今後数年の間に実際に何かしらの形でテクノロジーを店舗に導入すると回答しています。 今や飲食店においては、事前の予約から事後の決済まで全て手元のスマートフォンからできることからも分かるようにテクノロジーが急激にこの業界に変化を迫っています。レストランテッ…

Read More
世界のリーガルテック業界の現状と今後

世界のリーガルテック業界の現状と今後

Altman Weil社の調査によると、IBMのWatsonが法務に影響を与えるか?という質問に対して、アメリカの弁護士は2015年の時点で「約半分のパラリーガルはとって変わられる」と解答していたといいます。このことからもわかる通り、アメリカにおいてはすでにリーガル業界におけるテクノロジーの可能性が現場の人々に認められつつあると言えます。3年が経過し、既存のリーガル産業をアップデートするための様々なテクノロジーを利用したスタートアップが、AIに限らず既に700社以上登場してきています。2015年にはDocuSignがIPOを果たし、リーガルテックは盛り上がりを見せている市場です。 弁護士の行っ…

Read More
Search