ベンチャーキャピタリストにとっての戦略的投資とは?

ベンチャーキャピタリストにとっての戦略的投資とは?

事業会社の投資家は、財務的な理由よりも戦略的な理由に基づいて投資する傾向にあることは、多くの方がご存知だと思います。投資から収益を得ることも大事ですが、彼らが主に求めているのは、自分たちの組織の目標達成に資する、その他の何らかのメリットなのです。 実はベンチャーキャピタリストも、戦略的な理由に基づいて投資をする時があると知って、驚く方も多いのではないでしょうか?いくつかのケースを、以下にご紹介します: ロゴを得るための投資 設立間もないVCが、ホームページのポートフォリオ・ページに人目を引くロゴを掲載したいケース。こうしたVCは多くの場合、「投資をした」と言えるように、大規模ラウンドで少額投資…

Read More
シリコンバレーで資金調達を目指す日本の起業家がすべきこと、すべきでないこと

シリコンバレーで資金調達を目指す日本の起業家がすべきこと、すべきでないこと

日本で活動する数少ないシリコンバレーの投資家である私たち500 Japanの問い合わせフォームには、自然と世界進出を目指すファウンダーから多くのメールを頂きます。ご連絡をいただけて光栄に思うだけでなく、海外進出を視野に入れたファウンダーが最近増えてきていることが感慨深いです。 どうすればグローバルに成功する会社を築けるのか、というような質問を多く受けますが、その中でも頻繁に聞かれるのが、「どうすればシリコンバレーのVCから資金を調達できるか」です。この問いに答える前に気に留めておいて頂きたいのが、近頃は国内でも潤沢な資金を調達できる点です。このようなファウンダーが実際求めているのは、資金よりも…

Read More
500 Japanは「ハンズオン」でも「ハンズオフ」でもなく、「ハンズイフ」投資家です

500 Japanは「ハンズオン」でも「ハンズオフ」でもなく、「ハンズイフ」投資家です

投資家から資金を受け取ったあと一体どうなるのか、起業家がそれを知りたいと思うのは当然です。スタートアップ業界で選べる投資家のタイプは千差万別ですが、よく言われる2つのタイプが「ハンズオン」(hands-on)または「ハンズオフ」(hands-off)です。 ハンズオンな投資家は、経営に深く関わることを好みます。経営陣の一員になることを誇りに思い、腕まくりをしてあなたの隣で一緒に働きたいと思っています。これは、特にアドバイスが欲しいタイプのファウンダーにとって、とてもプラスになることでしょう。しかし、マイナス面は、こういった投資家に間接的なコストが生じがちな点です。頻繁にミーティングをし、毎週の…

Read More
500 Startups Japan、SPVを用いてSmartHRのシリーズBに15億円を出資

500 Startups Japan、SPVを用いてSmartHRのシリーズBに15億円を出資

私たちの投資先企業である「SmartHR」が、15億円のシリーズB資金調達ラウンドをクローズしたことをご報告いたします。500 Startups Japanは、このラウンドをリードし、全額を独占的に投資しました。 日本のIT業界に従事している方であれば、きっとSmartHRのことはご存知でしょう。彼らは、面倒な社会保険・労働保険手続きにおける書類の作成や役所への申請、人事マスター管理や従業員とのデータ共有をサポートする、クラウドベースの労務管理ソフトウェアを提供しています。アメリカであれば、Gusto、NamelyやZenefitsなどが類似サービスとして挙げられるでしょう。驚くことに、日本の…

Read More
スタートアップとの連携による イノベーションの実現:世界のトップ企業が実践するベストプラクティス

スタートアップとの連携による イノベーションの実現:世界のトップ企業が実践するベストプラクティス

500 Startupsは、スタートアップエコシステム構築のための活動として、起業家の支援や育成だけでなく、大企業向けにもスタートアップとの連携に関連した様々なコンテンツや教育プログラムの提供を行っています。今回、500 Startupsは独自の調査に基づき、大企業とスタートアップの連携について、新たなレポートをまとめました。本レポートは、さまざまな業界でイノベーションを統括する100人以上の企業幹部を対象に実施されたアンケートに基づいています。 調査の結果、企業はスタートアップとの連携に非常に積極的ではあるものの、スタートアップとの実証実験から市場に投入できるソリューションが…

Read More
元英語教師のイギリス人が、エンジニアとして日本のスタートアップで働くまで

元英語教師のイギリス人が、エンジニアとして日本のスタートアップで働くまで

500 Startups Japanによる、投資先企業のチームメンバーインタビュー。第2回は、Pocket Conciergeを運営する株式会社ポケットメニューのエンジニア、Chris Hutchinson(クリス・ハチンソン)さんにお話を伺います。 2007年4月に、休暇で日本へ旅行に来たChrisさん。わずか1ヶ月の滞在予定が、日本に魅力され、滞在の延長を決意しました。その後、語学学習サービスを提供する企業で10年間、オペレーション管理と英語教師として働き、現在は株式会社ポケットメニューにてエンジニアとして勤務しています。 日本での滞在延長を決定された時も、1年だけ働く予定だったんですよね…

Read More
いつIPOしたいかなんて言わないで

いつIPOしたいかなんて言わないで

日本のスタートアップ界隈でみられる、不思議なことの1つに、シードステージの起業家がピッチ中にIPOのタイミングを宣言することがあります。辛うじて最初の顧客を獲得できたかできないかぐらいの時点で、真顔で株式公開を何年の何月にする、と言うのです。無茶苦茶だと思ってしまいます。 あなたは、これを野心の表れだと捉えるかもしれません。会社のIPOを宣言するような起業家はきっと大きなビジョンを抱いているんだろう、ということでしょうか。こうした考え方が問題なのは、IPOを成功の終着点にしようとしているからです。エグジットで利益を確定できる投資家の場合は、確かにそうかもしれません。しかし、ファウンダーがそうで…

Read More
スタートアップにありがちなチームスライドと、その改善方法

スタートアップにありがちなチームスライドと、その改善方法

資金調達のピッチデックにおいて、チーム紹介のスライドは最も重要なスライドの一つです。シードステージやアーリーステージのスタートアップの場合には、ほぼ間違いなく最も重要なスライドと言えます。その時期には目立ったトラクションを具体的に示せないので、チームが最大のセールスポイントになるでしょう。しかし、残念なことに、日本ではイマイチなチーム紹介スライドを用意するスタートアップが多いです。 ありがちなのがこのようなスライドです、と聞いて驚くかもしれません。 身体的な外見と役職を除くと、投資家は、このスライドからどのような情報を読み取るべきなのでしょうか?確かに、名前に顔写真を付けたことは良いことです。…

Read More
医療・ヘルスケア領域のスタートアップに必要な、信頼を築くための3つの基本

医療・ヘルスケア領域のスタートアップに必要な、信頼を築くための3つの基本

取り組む業界に限らず、スタートアップは信頼を得られるようなブランドイメージを築くことが重要です。特に、ヘルスケアや医療の領域においては、専門家とそうでない人の情報の非対称性が大きく、かつ不確実性が伴うため、医療機関や企業、そして消費者は企業を選ぶ際に慎重になる傾向があります。 一般消費者の間でもヘルステックが選択肢の1つとして普及している米国でも、民間企業に自分の身体的アクティビティのデータを共有したいと考えている消費者は12%しかおらず、病歴の場合には8%、遺伝子データは9%となっています。さらに提供してもよいと答えた消費者のうち、Googleに提供しても良いと考えているの人は60%にもかか…

Read More
会社やプロダクトの名前は揃えるべきか?

会社やプロダクトの名前は揃えるべきか?

日本のスタートアップ業界特有の不思議なことの一つに、創業者がしばしば、会社名と提供するプロダクトやサービス名に、異なる名前を付けるということがあります。そして、「Tesla Model S」や「Adobe Photoshop」のように、プロダクトの前に会社名を付けるのではなく、「Model S」や「Photoshop」のように、URLやブランディングの全てを完全に別物として扱います。私はこれが一般的な国は日本くらいだと思います。 複数の異なるプロダクトを提供する意図があるから、このように会社とプロダクトの名前やブランドを分けるのだと推測できます。あるいは、どのプロダクトがトラクションを獲得する…

Read More
Search