Stacked Coins

ICOはベンチャーキャピタルに多大な影響を及ぼすか?

最近何かと話題になっているICO(イニシャル・コイン・オファリング)。すでにスタートアップは、ICOを使って何百万ドルもの資金を調達しています。Bancorは1.53億ドル、TenXは8,000万ドルを調達。私たちの投資先であるOmise最近2500万ドルを調達しました

この他にも多くのスタートアップがICOによる資金調達を予定しています。さて、これだけ盛り上がっている中で、ベンチャーキャピタルに多大な影響を及ぼす可能性があるICOについてあえて慎重に考察したいと思います。

まずICOとは?

ICOとは、会社が暗号通貨を使って資金調達を行うことです。クラウドファンディング・キャンペーンと本質的に同じ方法で暗号通貨を支払うことで、ICOに投資することができます。Ethereumプラットフォームのスマートコントラクトを利用すると、他の暗号通貨と会社の新規発行コインとを交換できます。

コインは、暗号通貨の取引所で後日売買することができ、長期保有することも可能です。こうしたコイン自体が、会社が提供する製品またはサービスの一部を表象する場合も多いです。ICOはIPOに似ていますが、株式の代わりに、会社が提供する製品・サービス相当の通貨を売り出します。例えば、TwilioがICOを実施したとすれば、同社のコインとAPIコールとを交換することになります。Uberの場合は配車サービス、マクドナルドの場合はビッグマックとの交換になります。

ICOが意味することとは?

これが一体何を意味するのかというと、資金調達している起業家と投資家の双方にとって、資金調達がより手の届きやすいものになるということです。そして、このイノベーション自体が、資金調達を必要とするほぼすべての業界に大きく影響する可能性があります。ベンチャーキャピタルに関して言えば、ICOは、業界に次のような影響を及ぼすのではないか、と考えています。

  1. ベンチャーキャピタリストは、ICOを通じて資金調達できるようになるかもしれません。つまり、誰もが場所を問わず、私たちのファンドに投資できるようになります。我々VCにとって、資金調達がより容易になります。
  2. その一方で、スタートアップもICOできれば、資金調達が大幅にしやすくなります。中には、スタートアップにはベンチャーキャピタリストはもう必要ないのでは、と考える人もいます。ある程度本当かもしれません。でも、ことはもう少し複雑なのでは、と私は考えています。何が起こるかというと、金銭以外のものも提供しなければ、というプレッシャーが投資家にかかるのです。投資家は、知識、ネットワークやブランド力といった形で付加価値を提供する必要があります。
  3. 私たちVCは、ICO前にコインに投資するかもしれません。VCはスタートアップに投資をし、スタートアップがIPOすることによって流動性を獲得し、EXITします。今後、VCはスタートアップを見つけてICOよりも前に同社コインへの投資を行い、ICOをEXIT手段として活用できるかもしれません。そしておそらくICOはIPOよりもずっと早く行われるため、ベンチャーキャピタルは、エグジットまでの期間を大幅に短縮できます。
  4. スタートアップは、ICOで得た資金で、投資家のエクイティを買い取れるかもしれません。そうすれば上記同様に、ベンチャーキャピタルは、エグジットまでの期間を大幅に短縮できます。

いろいろ書いてみたものの、ICOの利点の多くは、規制対象外であることが前提になっています。本来、スタートアップの株式売買は、経験の浅い投資家を保護するために、その大部分が規制されています。しかし、今のところ、ICOはほぼ無法地帯です。一般投資家の場合、理解していないビジネスに全財産を投じてすっからかんになってしまうリスクもあります。そして残念なことに、規制されていない多くのフロンティアと同じように、いずれ多くの人が騙されることになるでしょう。そうなって初めて、規制当局は重たい腰を上げるのです。この暗号通貨ブームのおかげで、そもそもなぜ規制が要るのか、ということを再発見できていることが、何とも興味深いです。

いずれにせよ、ICOの動向を注意深く追わない呑気なベンチャーキャピタリストなんていないでしょう。ICOは、私たちの業界を根本から変えてしまうポテンシャルを持っています。ICOが主流になるのはまだまだ先のことですし、その前に規制当局が規制を設ける可能性は高いでしょう。しかし、この画期的なテクノロジーは、我々がこの新しい世界にどう適応すべきか、という疑問を提示しています。私たちはまさに今、その進歩を見守り、そこから日々学んでいるのです。

James Riney

Managing Partner & Head, 500 Startups Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

We're Hiring!Apply Now
Search