Legaltech Trend

世界のリーガルテック業界の現状と今後

Altman Weil社の調査によると、IBMのWatsonが法務に影響を与えるか?という質問に対して、アメリカの弁護士は2015年の時点で「約半分のパラリーガルはとって変わられる」と解答していたといいます。このことからもわかる通り、アメリカにおいてはすでにリーガル業界におけるテクノロジーの可能性が現場の人々に認められつつあると言えます。3年が経過し、既存のリーガル産業をアップデートするための様々なテクノロジーを利用したスタートアップが、AIに限らず既に700社以上登場してきています。2015年にはDocuSignがIPOを果たし、リーガルテックは盛り上がりを見せている市場です。

弁護士の行っている訴訟・取引・ケースマネジメント・文書マネジメントなどの仕事は、AI・Blockchain・クラウドなどの技術が入ってくることにより、更に効率化され国家の枠を超えてグローバルにアウトソーシングされる時代になりました。特に、アメリカ・イギリス・カナダ・インドなどの判例法主義の国においては、裁判例やクライアントとのやり取りをより簡単に検索できるeDiscoveryの分野を筆頭に多くのスタートアップが資金調達に成功しています。

今回は、500 Startups Japanでクローズドに開催しているトレンド勉強会シリーズの第2回目、「リーガルテックトレンド勉強会」でマネージングパートナーの澤山がお話しした、リーガルテックに関わる世界のスタートアップ事例を下記に掲載します(後半の投資先起業家によるパネルディスカッションは非公開のため割愛)。

500 Startups Japanでは、リーガル領域のスタートアップへの投資を活発に行っており、すでに集団訴訟のマッチングプラットフォームであるenjinを運営するClassAction、契約書に特化したデジタルプラットフォームHolmesを提供しているLegSeaに投資をしています。いずれもまだ日本では多くないリーガルテックで挑戦しようとしている勢いのあるスタートアップです。リーガルテックのサービスを展開しようとしている起業家の皆さん、是非気軽にご連絡ください。

久門将也

九州大学卒業、東京大学公共政策大学院在学中。F Venturesでのインターンを経て2018年5月から500 Startups Japanにインターンとしてジョイン。主に、投資先向けイベントの運営・リサーチなどを担当。

500の投資先で働いてみませんか?Apply Now
Search