Logistics Technology Market Repot

物流業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

20世紀になりMalcolm McLeanが、「従来のトレーラーによる運送から荷台とシャーシーを分離し荷台だけを輸送する」という画期的なパラダイムシフトを物流(=ロジスティクス)産業で起こしました。それから100年経った現在では、AmazonやUPSがドローンを用いた宅配システムの導入を検討しています。

テクノロジーにより物流は劇的に変化しました。既にこの市場には世界で750社以上のスタートアップが挑戦し、2013年からの5年間で1兆円以上の投資が集まっています。投資件数も2010年からの7年間で46%増加しており、最近ではレイターステージへの大きな投資が行われています。その結果200社以上のスタートアップが2012年からイグジットしており、これらの数値からもテクノロジーによってディスラプトされている物流業界の盛り上がりが分かります。

物流テックと言えば、スマートフォンから注文すればいつでも食事が届くようなUBER eats、そして買い物・宅配代行サービスのPostmatesのような「ラストワンマイル」のスタートアップを容易に想像できますが、非常に多様なプレイヤーが存在します。多様なステークホルダーが関わるこの業界では、サービスプロバイダーの価格・評判の比較サービス、AIによる輸送手続きの自動化・最適配置、倉庫スペースのシェアリングなど非常に多くのビジネスモデルが生まれており細分化されてきています。

ゆえに今まで総合的なサービスを提供していたUPS・FedEx・DHLなどの大企業は、自身が行ってきた事業に積極的にテクノロジーをスタートアップに対して提携・投資・買収などを行っています。

以下では、①海路・空路運送、②倉庫・フルフィルメント、③陸路運送、④ラストワンマイルに分けてその分野でのスタートアップの特色、代表的なスタートアップを紹介していきます。

①海路・空路運送

この分野におけるスタートアップには、国際輸送事業者の比較・手配と貨物追跡を可能にするようなサービスを提供するものがあります。国際輸送事業者の比較・手配を行うスタートアップとして代表的なのは、$100Mを資金調達したFlexportでしょう。国際輸送事業者の比較・手配と貨物追跡ができるクラウドサービスを提供し、コンテナ1個あたり2,000ドルの運賃から15%を徴収するモデルで、船便だけでMRRは$210万をあげています。このビジネスモデルは既に、他の地域のマーケットでも模倣されており、ドイツ版のFreighthub、インド版であるCogoport、そして日本では500 Japan投資先のShippioなども後続で順調に資金調達を行なっています。また、純粋な輸送業者の比較に絞ったサービスもスペインのiContainersや香港のFreightosなどがあり、サービスプロバイダーとのマッチングをより簡便化するサービスが主流となっています。

②倉庫・フルフィルメント

倉庫・フルフィルメントのスタートアップには、倉庫スペースのマーケット化などのソフトウェアアプローチと、倉庫・フルフィルメントスペースにおける作業の自動化といったハードウェアアプローチの2種類が主に存在します。前者においては、FLEXEが850以上の倉庫をプラットフォームに乗せており、後者においては例えば6 River Systemsが人間作業者と協調する倉庫ロボット「Chuck」の開発などを行なっています。また、倉庫内の作業の完全自動化という点においてはイスラエルのスタートアップCommonSense Roboticsがフルフィルメントセンター向けのロボットを開発しています。

③陸路運送

④のラストワンマイルとは区別した上で、配送のためのオペーレーション管理ツール、トラックの最適配置・追跡などのサービスがあります。例えば、トラック版UberであるConvoyはトレーラートラックを必要とする企業と小規模輸送業者をマッチングするプラットフォームを展開しています。また、KeepTruckinはハードウェアと組み合わせることによって、ドライバーの位置や運転状況をリアルタイムにトラッキングし車両の位置情報をGPSによって追跡し、過去の任意の日の位置情報の確認や、走行距離等によるIFTA燃料税の報告を自動化するサービスを提供しています。

④ラストワンマイル

この分野は非常に参入しているスタートアップが多く、ドローンなどを使用した新たな配送手段の提供及び自動化、配送サービスの比較プラットフォーム、更には配送のクラウドソーシングプラットフォームなどが存在します。それぞれ、遠隔地にあるクリニックにワクチン・薬・血液などを運ぶドローンの開発・提供をしているZipline、オンライン小売業者を対象に多数の物流事業者の情報を統合し、比較・対照によるディスカウントを実現させるMetaPack(Stamps.comにより買収)、買い物・宅配代行サービスであるPostmatesなどが例にあげられる。この分野はECやMaaSなどの分類と被るスタートアップが多数あり、既にユニコーンであるUberやGO-JEKなどの配車サービスを提供するスタートアップも、それぞれUber EatsやGO FOOD(出前)・GO SEND(宅配)・GO BOX(トラック配車)・GO MED(医薬品配達)などのサービスを展開しています。

今後は上記に加え、ブロックチェーンの登場により更に大企業をアンバンドリングするようなサービスの登場が期待されています。特に、サービスプロバイダーが複雑化していくことによって失われていく透明性をどう担保するかという問題や、グローバルな物流が増える中でその契約の真正性の証明と自動化をどうするかという問題などを解決する糸口を提供するでしょう。ICOによって30億円以上の資金を調達した、物流のトラッキングをブロックチェーンによって行うスタートアップShipChainと言ったスタートアップも登場してきています。

全体として盛り上がっている物流テック業界ですがスタートアップが生き残っていくには困難な業界でもあります。例えばFlexportの競合がアメリカでは出てこないと言った現象からもわかるように、業界では免許などの規制の問題から参入障壁が非常に高くなっています。特に物流業界の風上はプレイヤーが少なく、海路・空路運送分野においては「first come, first served」が如実に表れています。

逆に、風下になるに従ってスタートアップの数は多くなり、特にラストワンマイルの分野においてはプレイヤーの多さから激しい競争に晒されます。例えば、EC事業者向けの顧客がスケジュールできるラストマイル配送と返品のためのソフトウェア・アプリを提供していたDoormanは他のサービスとの価格競争に晒され、2017年にサービスを終了させました。

諸外国に比べまだ日本では物流テックに関わるスタートアップは少ないと言えます。特にハードウェア分野において倉庫・フルフィルメント、ラストワンマイル分野は既存のプレイヤーのR&Dによる製品が多いのが現状です。また風下にあたるラストワンマイル分野においてもクラウドソーシング・P2P配送サービスを提供するスタートアップは数社であり参入余地はまだあると思われます。さらに、既存の配送業者向けの管理SaaSやAIを用いた最適化などもまだ遅れておりこの分野に挑戦するスタートアップの参入が期待されます。

下記のよりメーリングリストにご登録していただくと、500 Startups Japanでクローズドに開催しているトレンド勉強会シリーズの第5回目、「ロジスティクステック勉強会」でマネージングパートナーの澤山がお話しした、物流テックに関わる世界のスタートアップ事例をダウンロードできます。


500 Startups Japanでは、物流テック領域に関わるスタートアップへの投資を活発に行っています。倉庫の空きスペースと使いたい企業をマッチングするサービス提供する「souco」、国際物流のウェブフォワーディングサービスを提供する「Shippio」に投資をしています。

物流テックのサービスを展開しようとしている起業家の皆さん、是非お気軽にご連絡ください。

Search