インシュアテック業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

インシュアテック業界のトレンドと今後の可能性 – 500 Startups Japan調査レポート

現在米国で300年の歴史を持つ保険業界に破壊的なイノベーションを起こしているのは、紛れもなく創業から300日未満の歴史のないスタートアップです。GCAの調査によればUSだけでも約242兆円(生命保険:約89兆円、健康保険:約85兆円、物損人身損害保険:$約68兆円)のマーケットがあり、94%の保険会社はこれからの保険業界にはプラットフォーム化やデジタルパートナーなどの新しい改革が必要不可欠であると感じています。インシュアテックと言っても幅広く、保険の流通や顧客のエンゲージメント、新しい保険商品の開発・価格の比較、バックオフィス、データ分析などがバリューチェーンとしては存在し多種多様なスタートア…

Read More
レストランテック業界のトレンドと今後の可能性

レストランテック業界のトレンドと今後の可能性

マクドナルドでは近年、従来スタッフがオーダーを取り会計までしていたプロセスを機械化することによって、私たちは巨大なスクリーンから商品を選び会計までそのスクリーン上でできるといった体験をできるようになりました。調査によると、実に95%の飲食店のオーナーがテクノロジーが飲食店業界に入ってくるメリットを感じており、全体の78%が過去数年の間に、もしくは今後数年の間に実際に何かしらの形でテクノロジーを店舗に導入すると回答しています。 今や飲食店においては、事前の予約から事後の決済まで全て手元のスマートフォンからできることからも分かるようにテクノロジーが急激にこの業界に変化を迫っています。レストランテッ…

Read More
投資先の起業家による、500 Japanの評価

投資先の起業家による、500 Japanの評価

ベンチャーキャピタルのもどかしい一面は、そのフィードバックサイクルの遅さです。全体的に上手くいっているのかどうかを把握するのに、少なくとも3年程度はかかってしまうのです。中には、バリュエーションの高い大型資金調達を早い段階で行い、上手くいっているように見えながら、数年後にはトラクションが追いついていないことに投資家が気づき、企業価値を落としてしまう会社もあります。また中には、最初の2年間は全くパッとしないのに、気がつくと何もかもが上手く回り始め、急成長を遂げるような会社もあります。こうしたことがすべて、全体としては成功が失敗を大幅に上回らなければならない、ベンチャー・キャピタルの幅広いポートフ…

Read More
500 Japanは「ハンズオン」でも「ハンズオフ」でもなく、「ハンズイフ」投資家です

500 Japanは「ハンズオン」でも「ハンズオフ」でもなく、「ハンズイフ」投資家です

投資家から資金を受け取ったあと一体どうなるのか、起業家がそれを知りたいと思うのは当然です。スタートアップ業界で選べる投資家のタイプは千差万別ですが、よく言われる2つのタイプが「ハンズオン」(hands-on)または「ハンズオフ」(hands-off)です。 ハンズオンな投資家は、経営に深く関わることを好みます。経営陣の一員になることを誇りに思い、腕まくりをしてあなたの隣で一緒に働きたいと思っています。これは、特にアドバイスが欲しいタイプのファウンダーにとって、とてもプラスになることでしょう。しかし、マイナス面は、こういった投資家に間接的なコストが生じがちな点です。頻繁にミーティングをし、毎週の…

Read More
ベンチャー・キャピタリストのジレンマ:VCはどういった会社に多くの時間を費やすべきなのか?

ベンチャー・キャピタリストのジレンマ:VCはどういった会社に多くの時間を費やすべきなのか?

ベンチャーキャピタリストが決めなければならないことの一つに、どの会社に多くの時間を費やすかということがあります。VCは「自分の子供たちを分け隔てなく平等に愛している」と言い張るかもしれませんが、どこの親もそうであるように、多少のえこひいきは仕方のないものです。人間なので、ついつい相性の良いファウンダーのほうに、あるいは他のポートフォリオ企業と比べてよりワクワクするようなコンセプトのほうに自然と引き寄せられがちです。 しかし、より一層重視するのは、会社の調子が良いかどうかです。単純化しすぎかもしれませんが、会社は大まかに分類すると次の3種類に分けることができます。 Greatな会社:ロケット並み…

Read More
Zehitomoへ出資しました

Zehitomoへ出資しました

私たち500 Startups Japanは、この度、カメラマンからヨガ講師にまで及ぶ様々なプロフェッショナルに仕事を依頼できるプラットフォーム『Zehitomo』に出資したことを発表します。彼らは、SequoiaやCapital G(Google)から出資を受けている米国のユニコーン企業Thumbtackのようなサービスを日本で構築しています。 「なるほど、サービスのマーケットプレイスね…で、何がそんなに新しいの?」と、思うっているかもしれません。簡単に言ってしまえば、顧客(あなた!)のユーザー・エクスペリエンスが違うのです。一般的なリスティングサイトで、例えば、自宅リフォームを検索すると何…

Read More
ピッチを良くする2つのポイント

ピッチを良くする2つのポイント

資金調達は、ストレスを伴う辛いプロセスであり、ときには屈辱的な経験でもあります。何度も断られているのに、前進を続けるために必要な忍耐力は相当なものです。でも、もしあなたが資金調達をしようとしている起業家であるのなら、より説得力のあるピッチを行うために簡単に実践できるポイントが2つあります。そして、それはいずれも第一印象に関係するものなのです。投資家に投資をしてもらえるよう説得すること自体が苦しい戦いですが、実は、登ろうとするスロープの斜度は第一印象によって決まります。スロープを90度の直角ではなく、10度ぐらいの緩やかな傾斜に近づける方法を2つご紹介します。 Keep It Simple St…

Read More
500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startups、NEDOと共に第2回「Corporate Startup Innovation Series – Tokyo」を開催

500 Startupsは2月7日、東京都内で「Corporate Startup Innovation Series (以下CSI) - Tokyo」を NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共に開催しました。CSIは500 Startupsが世界各国の大企業を対象に、スタートアップとの関わりを支援する取り組みの1つです。 2016年9月に日本で初めて開催された第1回のセミナーに続き、今回も企業のオープンイノベーション担当者に対し「大企業がどのようにベンチャー企業と協業していくべきか」について、シリコンバレーのトッププレイヤーの方々が講演しました。 スタートアップと…

Read More
シリコンバレー発のシード投資ファンド500 Startups Japan、人工衛星向けアンテナシェアリングサービスのインフォステラへの出資を実施

シリコンバレー発のシード投資ファンド500 Startups Japan、人工衛星向けアンテナシェアリングサービスのインフォステラへの出資を実施

2016年10月5日、シリコンバレーに拠点を置くシード投資ファンド「500 Startups」の日本向けファンド「500 Startups Japan」は、人工衛星の運用に利用されるアンテナのシェアリングを可能にするプラットフォーム「StellarStation」を開発する株式会社インフォステラ(本社:東京都渋谷区・代表取締役CEO:倉原直美、ー以下インフォステラ)の第三者割当増資を引き受け、株式会社フリークアウト(本社:東京都港区・代表取締役CEO:本田謙)、個人投資家 千葉功太郎氏との共同出資を実施いたしました。 インフォステラは、既存のアンテナに同社が提供する専用ハードウェアを組み込むだ…

Read More
VCとのミーティングが上手くいったと感じるのは、上手くいっていない証拠である

VCとのミーティングが上手くいったと感じるのは、上手くいっていない証拠である

この記事は、500 Startupsのパートナーを務める、Elizabeth Yinのブログを翻訳したものです。彼女はコーディングやマーケティングを専門としています。投資を始める以前は、共同創業者としてアドテクのスタートアップ、LaunchBit (2014売却)を立ち上げました。 「VCとのミーティングは上手くいった?」 「うん、とても良かったよ!」 これは私たちの投資先の起業家に、他のシードVCとのミーティングについて聞いたときの、典型的な会話です。 この仕事に就いて、すぐにあることに気が付きました。起業家がVCと話して上手くいったと感じる時は、実は決まって上手くいっていないということです…

Read More
Search