資金調達プロセスは採用プロセスでもある

資金調達プロセスは採用プロセスでもある

私たち500 Japanの多くのポートフォリオ企業は、ここ数カ月の間に資金調達を行ってきました。私は、資金調達を支援する中で、ファウンダーらが直面する共通のジレンマに気づきました。それは「提示バリュエーションが低めだけど一流の投資家に決めるか、それとも提示バリュエーションが高めだけど二番手の投資家に決めるか」どうかです。ここで言う「一流」とは、(通常は実績に基づいた)強いブランド力を意味します。 私たちは通常、比較して提示バリュエーションが低めでもそれが合理的な範囲内であれば、一流投資家から資金調達を受けるべき、とアドバイスします。特に既存株主(私たち500 Japan!)の持分の希薄化が進む…

Read More
グローバル企業を目指す日本企業が、多国籍・多文化なチームを作る方法

グローバル企業を目指す日本企業が、多国籍・多文化なチームを作る方法

500 Startups Japanでは、創業初期からグローバルを目指す「Born Global(生まれながらのグローバル)」な日本発のスタートアップを支援したいと考えています。これまでに、500 Startups全体としては60カ国・1900社以上の企業に投資を行なっており、その実績やネットワークを活かしグローバルを目指す日本の起業家に価値を提供できるのではないかと模索してきました。 3月6日には、グローバルを目指す日本の投資先を支援するため、投資先とバイリンガル及び外国人の優秀な人材のマッチングイベント「Bilinguals & Gaijins In Startups」を開催しまし…

Read More
美大卒・大手IT企業出身デザイナーが、国際物流のスタートアップ「Shippio」でデザイナー職を再定義するまで

美大卒・大手IT企業出身デザイナーが、国際物流のスタートアップ「Shippio」でデザイナー職を再定義するまで

500 Startups Japanによる、投資先企業のチームメンバーインタビュー。第3回は、Shippioを運営する株式会社Shippioのデザイナー、松川 逸(まつかわ いつみ)さんにお話を伺います。 松川さんは、多摩美術大学を卒業後サイバーエージェントに入社し、UI/UXデザイナーとして新規事業立ち上げ、アプリ開発、WEBデザインを担当されました。会社員の傍、週末はフリーでプロダクトのデザインやコンサルティングに関わり、現在は国際物流の効率化ツール「Shippio」を開発するスタートアップ、株式会社Shippioでデザイナーとして活躍されています。 ーまず最初に、新卒でIT企業に入った経…

Read More
元英語教師のイギリス人が、エンジニアとして日本のスタートアップで働くまで

元英語教師のイギリス人が、エンジニアとして日本のスタートアップで働くまで

500 Startups Japanによる、投資先企業のチームメンバーインタビュー。第2回は、Pocket Conciergeを運営する株式会社ポケットメニューのエンジニア、Chris Hutchinson(クリス・ハチンソン)さんにお話を伺います。 2007年4月に、休暇で日本へ旅行に来たChrisさん。わずか1ヶ月の滞在予定が、日本に魅力され、滞在の延長を決意しました。その後、語学学習サービスを提供する企業で10年間、オペレーション管理と英語教師として働き、現在は株式会社ポケットメニューにてエンジニアとして勤務しています。 日本での滞在延長を決定された時も、1年だけ働く予定だったんですよね…

Read More
500 Japan主催イベントがきっかけで投資先Zehitomoへ – 山岸氏に聞く起業の経緯

500 Japan主催イベントがきっかけで投資先Zehitomoへ – 山岸氏に聞く起業の経緯

500 Startups Japanによる、投資先企業のチームメンバーインタビュー。初回は、株式会社Zehitomo のCSO (Chief Strategy Officer) 山岸敏さんにお話を伺います。     現在、ZehitomoのCSOとしてご活躍されている山岸さんですが、以前500 Startups Japanが開催するFounders Friday(起業を志している人のためのミートアップイベント)に参加されたこともありましたね。もともと、起業やスタートアップには興味があったのでしょうか。 そうなんです。僕、2000年新卒入社なのですが、ちょうどサイバーエージェ…

Read More
起業家が語る、初めて従業員を解雇した経験とそこから得た学び

起業家が語る、初めて従業員を解雇した経験とそこから得た学び

500 Startupsの創業者でマネージングパートナーのChristine Tsai(クリスティン・ツァイ)は、創業者として初めて誰かを解雇しなければならなかった時に、複雑な感情を経験したといいます。 「解雇は正しいことであり、自分がそれを躊躇していたとは思いません。その人はスキルとカルチャーという面であまりにも合わなかったのです」とChristineは語りました。 彼女は誰かを解雇する前に疑念を持ち、感情的に考えるのは当然だと語ります。 「たとえ人材採用市場が今のようにとても良かったとしても、その人の個人的な状況や、解雇がどのようにその人に個人的に影響を与えるかは決してわかりません」 「こ…

Read More
スタートアップの従業員が妊娠した際にすべき8つのこと

スタートアップの従業員が妊娠した際にすべき8つのこと

世界60カ国以上で投資を行う500 Startupsでは、多様性を追求し、起業家の人種や性別に関わらず活発に出資しています。また、500 Startups社内においても、少数派といわれる女性や非白人を採用し、チームの50%が女性という珍しい構成のチームになっています。こういった動きは少しずつ業界全体で起こりつつありますが、一方でまだまだ理解が得られず不要な苦労を強いられている起業家やスタートアップ従業員、投資家がいるのも事実です。 今回は500 Startupsの共同創業者であるChristine Tsaiが、自身の2度の出産の経験を通して感じた、「スタートアップに求められる、妊娠中の従業員へ…

Read More
スタートアップを成功に導く、創業初期の採用攻略法

スタートアップを成功に導く、創業初期の採用攻略法

今回スタートアップの採用について語っていただく、Crystal Huang氏は、急成長を遂げている500 Startupsの投資先であるProSkyの共同創業者・CEOを務めています。彼女は以前、Vivintという北米最大のホームオートメーション・サービスのプロバイダーでマーケティングを率いていましていました。家族と過ごす時間とデザイン、ショッピングが大好きな女性です。 今回はスタートアップの採用についてお話を伺いました!   ProSkyでは、 人材こそが資産だと信じられています。決まり文句でもありますが、あらゆるステージの企業や組織の人こそが企業を作ったり壊すことができるのが事実…

Read More
500の投資先で働いてみませんか?Apply Now
Search