J-KISSは、500 Startups Japanがオープンソースとして無償公開した、シード投資のための契約書です。シリコンバレーにおけるシード投資契約のデファクトスタンダード「KISS」をベースに、日本の規制や実務に合わせて森・濱田松本法律事務所の増島雅和先生により設計され、KPMGによる税務面からのレビューを経て実現されました。

山口弁護士に聞く、シードスタートアップのための資金調達 – J-KISSの交渉事項と契約書

山口弁護士に聞く、シードスタートアップのための資金調達 – J-KISSの交渉事項と契約書

6月28日、ミクシィのCVC「アイ・マーキュリーキャピタル」が、「シードスタートアップのための資金調達J-KISSによるファンディングの概要と実例」の勉強会を開催しました。今回は勉強会で語られた内容の一部をご紹介します。 今回の勉強会の前半では、弁護士の山口孝太先生をお招きし、コンバーティブルエクイティの概要とJ-KISSの契約書のポイントをご説明いただきました。山口先生は日本とニューヨーク州の弁護士資格を持ち、M&Aやクロスボーダー取引、海外企業の日本進出といった案件を多数経験されています。また、スタートアップにも強い関心をお持ちで、独立後は様々なベンチャー企業の資金調達やエグジット…

Read More
調査レポート: 186社の登記簿から分かったスタートアップの資金調達の「相場」

調査レポート: 186社の登記簿から分かったスタートアップの資金調達の「相場」

「○○が○億円を調達した」「○○が○○億円のバリュエーションで調達中らしい」 スタートアップ界隈ではそんなニュースや噂が日々飛び交う。しかし、調達金額はともかく、実際のバリュエーションや詳細条件が表に出ることは極めて少ない。 だが、日本で会社を設立して経営する限り、基本的な情報を法人登記簿に記載する義務があり、さらにこれは誰でも取得できる。つまり、ある程度の粒度までであれば、その企業の株数や資本金の増減などの情報を得ることで、直近の資金調達ラウンドの詳細を推測することが可能だ。まさにこれに関して少し前にこんな会話もあった。 応援してるからこそなんですが、そろそろ「資金調達したけど調達額は非公開…

Read More
J-KISS: 誰もが自由に使える、シード資金調達のための投資契約書

J-KISS: 誰もが自由に使える、シード資金調達のための投資契約書

※J-KISSへのリンクは記事の一番下にあります Ver1.1公開にあたって(2017年6月12日) 500 Startups JapanがJ-KISSを無償公開したのは2016年4月、そこから1年少しが過ぎました。ここで改めて簡単にJ-KISSの現状についてアップデートしておきたいと思います。 J-KISSは日本版KISS: Keep It Simple Security、つまり簡単に早くシンプルに資金調達するための投資契約書です。シード段階ではシンプルに素早く資金調達を行い、素早くプロダクトマーケットフィットまでたどり着く。そしてシリーズAの時に初めて、優先株を使って複雑な条件交渉を行えば…

Read More
We're Hiring! 500の投資先で働いてみませんか?Apply Now
Search